ナゾトチさんと冬の小屋暮らし22日目「太陽光発電で小屋に明かりが灯る感動」

太陽光発電でLEDライトが灯るようになった!

こんにちは、ナゾトチさんワラクリよりお送りしますのは、2019年12月19日(木)の話。

明るい!

冬の小屋暮らし

私は自分が作った小屋で冬を乗り越えられるか挑戦します。

先日、太陽光発電を導入したが、スマホの充電にしか使えていないので生活が向上したとは言えない。3万円も使ったのに。

まずはライトだ。

ナゾベリー

12/19(木)朝、ナゾノトチに野いちごが生っているのを発見。

小さい。

とりあえず味見。

酸っぱくて、ほのかに甘い。

年下の女の子によるイタズラの味がする。

何ベリーか分からんからナゾベリーで良いか。

太陽光発電でライト

勤務先に荷物が届いていた。Amazonで買ったLED電球とソケット。これにホームセンターでコードを買い足す。

1個でよいのだが、ソケットは10個入り、電球は6個入り。ちょっと無駄だったな。

これをつなぐだけです。絶縁には気をつける。プラスマイナスも関係ない。

ビックリな簡単さでつきました。

スポットライト的な明るさで小屋が明るくなった。

太陽光発電で生み出した電気で明かりが灯ることに感動です。

パトラッシュ、僕は見たんだよ。一番見たかった、ルーベンスの2枚の絵を。

くらいの感動。

安心感が増えた。

電池式ランタンありがとう

これまでは電池式のランタンでまかなっていたのです。

単1電池が3本必要なところをスペーサーを使って単3の充電式EVOLTAを使っていました。

だからコストはかからなかったが、3日おきのペースで充電が必要でめんどくさかったんですよね。

電池式ランタン、これまでありがとう。そしてこれからも野外ではよろしく!

To Be Continued…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です